• ホーム
  • 肌と地黒とルチンについて

肌と地黒とルチンについて

色白と地黒の肌タイプの人がいますが、違いは遺伝的な要因になります。
誕生した時からメラニン色素の量が少ない人は、体質的にも色白です。
メラニン量が生まれた時から多い人は、体質的にも地黒です。
地黒のタイプはいいことがないかといえば、そうでもありません。
メラニン量の色白タイプは、紫外線を浴びても防御能力が高くはありませんので、皮膚へのダメージを受けとりやすくなります。
紫外線の影響を受けやすいので、シミやシワも出来やすいですし、たるみも出来やすいです。
疲労がたまると目の下のくすみやクマも目立ちやすいですし、それによって不健康にも見られます。
しかし地黒のタイプだったら、見た目にも健康的に見えます。
それに太陽の紫外線に対しても、最初から強いですから、シワやシミもあまり出来にくい利点があります。
日本の和の心の蕎麦は、多くの日本人に愛されていますし、ダイエットにも良い食材です。
その代表的な栄養成分になるのは、近年話題の栄養成分であるルチンです。
現代においては蕎麦と言えば、栄養成分のトップに名前があがるのはルチンでしょう。
ルチンはほかにも言い方があり、ビタミンPやヘスペリジンとも言われます。
健康にも良い成分のポリフェノールとよく似ていて、とても抗酸化効果が高いです。
生活習慣病を気にする日本人は多いですが、高血圧や脳卒中などの予防にもなります。
ヨーロッパやアメリカやヨーロッパでは、既に医薬品としても使われています。
体内の滞りがちな血液のめぐりの解消にも役立ちますので、冷え性や肩こりも軽くなりますし、血液循環がよくなることで、美肌効果にもメリットをもたらすことになるので、女性にも嬉しい栄養成分になります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧